格安スマホ 料金が安くなる

LINE

格安スマホの時代が到来

2015年5月にSIMフリーが義務化されました。
つまりキャリアに縛られる時代が終わったということ。

ドコモのスマホをauでも使用可能。
乗り換えが自由に出来る時代の到来です。

そこで躍進してきたのが格安スマホ。
OCNやニフティーなどのプロバイダがスマホにも参戦。
他にも楽天やDMMなども入ってきて、
低価格競争は熾烈を極めています。

【比較完了】乗り換えても大丈夫な格安SIMはこの3つ』のような
格安スマホへの乗り換え方をわかりやすく解説したサイトも増えてます。

誰でも格安スマホを利用出来る環境が整っています。


スマホ料金が1/5に

格安スマホの料金

格安スマホの月額料金は2000円以下がほとんど。
1700円ぐらいが平均です。

現在スマホ代に8000円ぐらいかけている人なら、
月額料金は一気に1/5になる計算です。

格安スマホには更に音声通話なしのデータ専用プランというのがあり、
こちらは更に半額ほどで利用可能。
月額700円というプランもあります。
電話が使えませんが、
インターネットは利用可能。
さらにLINEなどの通話アプリを使えば、
ネット回線を使用した電話が可能。

ほとんど電話を掛けない人なら
データ専用SIMも検討してみるといいですよ。


格安スマホが安いのは回線が弱いから

simカード

大ブレイク中の格安スマホですが、
これだけ料金が価格破壊的に安い理由は、
大手キャリアから回線を借りて営業してるから。

ほとんどの格安スマホ会社はドコモから余り回線を借りて、
それを使用して営業しています。
だから本家ドコモと比べると
回線あたりの利用者数が多いのです。

たくさんの人で少ない回線を使用するから、
当然回線が重くなります。
最悪の場合は通信が途切れることも。

こうしたデメリットも理解した上で格安スマホを検討しましょう。


実は意外とキャリアと差が感じられない

格安スマホは回線が混んでいて重いです。

しかし利用者に使用感を聞くと、
ほとんどの人は不便さを感じていません
ドコモやauなどのキャリアの頃とたいして変わらないと答える人も多いのです。

なぜでしょう?

それはキャリアの回線が無駄に豪華だから。
格安スマホの回線は混んでいますが、
それはキャリアと比較して、ということ。

フェラーリなどのスポーツカーだろうと
国産のファミリーカーだろうと、
街中を走る分にはたいして便利さは変わりませんよね。
ハイウェイを飛ばすなら違うのでしょうが。

これと同じで、
普段使いではキャリアの豪華回線も
格安スマホの混雑回線もたいして違いはないのです。

youtube動画の視聴など負荷の大きい利用時以外は
キャリアも格安スマホもほとんど変わらないというのが現状です。

特集記事

LINE電話の口コミ